克服

種類を知る

うつ病に使われる薬の種類

うつ病には休息と周囲の理解が何よりも必要と言われています。 しかし気分の落ち込みや何もする気が起きないという精神状態の治療はなかなか難しく、こうした症状を落ち着かせるために用いられるのが抗うつ薬いわれるお薬です。 基本的には患者さんの症状に応じて医師が処方した1種類のものを規則正しく服用することになります。 ただ、患者さんの体調に合わせて、睡眠薬や抗不安薬が処方されることもあります。 抗うつ薬の種類としては、SSRIと言われる選択式セロトニン再取り込み阻害薬や SNRIと言われるセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬が第一薬として選択されます。 これらのお薬は効果が高く、副作用が少なく、即効性であると言われています。

服用方法、副作用の症状など

うつ病を薬で治療する場合もっとも大切なのは、医師から処方してもらい、医師の指示をきちんと守るということです。 うつ病の症状は、飲み始めてすぐによくなるわけではなく、服用を続けていくことで時間をかけて徐々に回復していくという特徴があります。 大体効果を実感できるまでには2〜3週間必要と言われています。 うつ病は再発の頻度が高い病気です。治療期間内でも同じ症状や違う症状が繰り返し現れます。 そのため自己判断での治療の中断は結果的に治療を長引かせる結果を招きます。 副作用として最も多く報告されているのは眠気やだるさです。 その他便秘や吐き気、口の渇き、めまい、頭痛などもあります。 症状の改善の前にこう言った副作用が現れることも多いですが、心配な場合はすぐに主治医と相談し、きちんと医師の指導の下治療することが大切です。